公開日: |更新日:

輸入住宅のメリットとデメリット

日本の住宅と輸入住宅は、構造や設計、デザインやインテリアなどさまざまな面で異なります。そこで、違いを比較しながら輸入住宅を建てるメリット・デメリットをご紹介します。

輸入住宅のメリット

デザイン性

輸入住宅は海外の文化や伝統を表すデザインとなっているため、日本風の建築では見られない素朴な素材感や洗練されたおしゃれなデザインなどを見ることができます。
地域や時代によって違う味のあるデザインでデザイン性が高い物が多い印象です。

クロスや床材だけでなく、窓枠やドア、小物や家具等も輸入品を使って合わせていくことで、より本物らしくデザイン性高い家にするすることもできます。

性能の高さ

海外の住宅は、天井や壁が一体化したデザインのものが多いため、一般的な日本の住宅と比べて気密性が高いという特徴があります。

また、日本とはまた違った厳しい環境でも快適に暮らせるような高い断熱性も兼ね備えています。
他にも環境に優しくエコに暮らせるよう、パッシブデザインを取り入れているものも多くあります。

間取り

輸入住宅も日本の住宅と同様に、土地の形状や構造によって間取りが変わります。

輸入住宅は主に2×4工法が採用されているので、間取りの自由度が高いともいわれています。
そして長く住み継ぐために、子供が大きくなったあとや孫が生まれた後などにリフォームがしやすい間取りになっているという特徴もあります。

素材の質感

スタイルにもよって異なりますが、輸入住宅は漆喰や石材、木材など素材感を大切にしたデザインの家が多くあります。

自然質感は既製品では表すことができない素朴で温かみのある優しい雰囲気を醸し出すことができます。
よりデザイン性の高い輸入住宅を追求するために、本物の質感にこだわる工務店も多くあります。

輸入住宅のデメリット

維持・メンテナンス

海外の中でも特にアメリカでは、日本よりもDIY文化が発展しているため、ドアや窓も含めてメンテナンスをしながら住み継ぐことが当たり前となっています。
その為、輸入住宅は日本の住宅よりも壊れやすく長持ちしないものも中にはあります。

輸入住宅の場合は、DIYをしながら愛情を込めてメンテナンスをしていくことで、経年変化を楽しみながら家を長持ちさせることができます。

インテリア選び

輸入住宅は、こだわりのスタイルに合わせるインテリアがなかなか見つからず、インテリア選びが大変という人もいます。

どうしても本場のインテリアを選んでしまうと費用がかさんでしまいますので、必要に応じて国内メーカーで販売している輸入家具風のインテリアを見てみるのもおすすめです。
またお部屋の雰囲気を決める際に家具の色やデザインなどのイメージもあわせて考えてみるのも良いでしょう。

ワンランク上の輸入住宅を建てるならつくばのこだわり別
注文住宅会社3選

デザインだけでなく
住宅性能にもこだわりたいなら

To Casa
To Casaの施工事例
引用元URL:To Casa(https://www.tocasa.co.jp/house-case/1368/)
主な基本性能一覧
UA値*
(断熱)
0.3
以下
C値*
(気密)
0.3
以下
耐震
性能
耐震等級3
主な対応スタイル
  • アメリカンスタイル
  • ヨーロピアンスタイル
  • フレンチカントリースタイル
  • プレイリースタイル など

外装だけでなく
インテリアにもこだわりたいなら

ミリオン・ベル
ミリオン・ベルの施工事例
引用元URL:ミリオン・ベル(http://million-bell.co.jp/cat_style/ビルトインガレージのある本格アメリカンハウス.html)
主な基本性能一覧
UA値*
(断熱)
記載なし
C値*
(気密)
記載なし
耐震
性能
記載なし
主な対応スタイル
  • アメリカンスタイル
  • ヨーロピアンスタイル
  • ジョージアンスタイル
  • カントリースタイル
  • カナディアンスタイル など

クラシカルな住宅デザインに
こだわりたいなら

LIV設計室
LIV設計室の施工事例
引用元:LIV設計室(https://www.livsekkei.com/customd.html)
主な基本性能一覧
UA値*
(断熱)
記載なし
C値*
(気密)
記載なし
耐震
性能
記載なし
主な対応スタイル
  • アメリカンスタイル など

【選定条件】
2023年7月21日時点で、建築業許可(業種:建築一式工事)を取得している企業のうち、茨城県つくば市・つくばみらい市にある輸入住宅を取り扱っている3社を調査。

*UA値とは、家全体の熱の出入りのしやすさを表しています。数値が小さいほど熱の出入りが少なく、断熱性能が高いということになります。
*C値とは、建物の床面積1㎡あたりの隙間面積を表す値で、小さいほど気密性が高い家になります。

関連ページ

つくばの輸入住宅メディア 「Orage」

理想の輸入住宅を建てる前に知っておきたいこと【つくば編】
輸入住宅を建てるにおいて必要な各種保険
輸入住宅の性能
輸入住宅と災害
つくば市の治安は?
輸入住宅の工法の種類
輸入住宅を建てる つくばのこだわり別 注文住宅会社3選